ファイル転送(FTP)ソフトの利用方法

ファイルを転送するには、下記のようなファイル転送(FTP)ソフトを利用します。
FFFTP(ソフトウェアライブラリー 窓の杜経由)
WinSCP(ソフトウェアライブラリー 窓の杜経由)
※Windows用のソフトの例です。無料で利用できます。

WinSCPのダウンロード

ファイル転送(FTP)ソフトの中でWinSCPの利用方法についてご説明します。

WinSCP をクリックし、窓の杜サイトで「窓の杜からダウンロード」をクリックします。

▼ ダウンロードした「WinSCP-5.17.5-Setup.exe」をクリックしてインストールします。

WinSCPの設定

▼ インストールしたWinSCPを起動します。

▼ ログイン画面で「新しいサイト」を登録します。
セッションに下記にように入力し、保存します。
・転送プロトコル:FTP
・ホスト名:****.xsrv.jp
・ユーザー名:****
・パスワード:********
※ホスト名以下は、Xserverの登録後に届くメール「■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」をご確認ください。

WinSCPでのファイル転送方法

▼ セッションにログインします。

▼ 画面右側でサーバーのアップロード先を選択します。
※ドメイン名/public_html/ がドメインの直下を表します。

▼ 画面左側でアップロードするファイル(フォルダごと選択可能)を選択し、右クリックして「アップロード」クリックします。
※ファイル(フォルダ)を選択するには「Ctrlキー」を押しながらクリックします。

▼ 「転送設定」で「テキスト」を選択します。「OK」をクリックするとローカルPCからサーバーに転送されます。

パーミッション(属性)の変更

▼ パーミッション(属性)を変更したいファイル(フォルダ)を選択し、右クリック → 「プロパティ」をクリックします。

▼ パーミッション(属性)のチェックボックスをクリックして設定します。
※R(読み取り)=4、W(書き込み)=2、X(実行)=1 の権限が数字で表されています。
RWX全てをチェックすると「7」です。

▼ 設定終了後は、「セッション」メニュー → 「切断」→「閉じる」をクリックします。